礼金を徴収しない賃貸物件は増えてきています。

引越しの際、引っ越し費用の大きな負担となるのが敷金、礼金などの初期費用です。
家賃を値切るか、礼金を値切るかは合計金額で決めるとよいです。
家賃交渉といっても、何も交渉できるのは、月々の家賃だけではありません。
その中で礼金は最もターゲットにしやすく、身元保証の意味合いが強い敷金や、不動産会社の手数料になる仲介手数料などよりも、交渉しやすいです。
借りるほうは初期費用が減らせるし、大家さんにとっても最初だけのお金で、最も抵抗がありません。
昔は、大家さんと借主さんも日常生活から接点も多く、今に比べると、賃貸物件の数も全然少なかったです。
近年は物件が増えすぎて埋まらずに余っているので、年々借り手の方が強くなってきています。
ですので最近は、家主が空室を防ぎたい等の理由により、徴収しない賃貸物件もあります。
今後は減少の方向に向かっていきます。
また、今の時代に合ったものではないため、ないほうが良いといえます。