賃貸物件を借りるとき礼金は値切れる

賃貸物件は、現在飽和状態です。
日本全体の人口減少と高齢化に伴い、需要はどんどん減ってきているのに、いまだにアパート経営に参入してくる人が増えているからです。
そのため、借り主が実はかなり強くなってきている状況です。
ですが、多くの人は仲介会社に言われるがままの家賃や初期費用を払っていることでしょう。
これはある意味もったいないことです。
かなりの人気物件でなければ、家賃や初期費用は値切ることが可能です。
初期費用の中でも値切りやすいのが礼金です。
敷金は退去時のクリーニング代の保険として必要と考えている大家が多いため、なかなか値切ることが難しいです。
ですが、礼金は大家へのお礼として支払うものなので、現状のように借り主が強い状況では値切りやすいものです。
交渉するときは、単に値切ってくれと頼むのではなく、他の物件と迷っている姿勢を見せ、初期費用がもう少し安ければこちらにするのに、というような論調で話すとスムーズに進みやすいです。